遺品整理と不用品の違いとは?

こんにちは!エコ福です!

今回は遺品整理と不用品の違いをご説明します。

遺品整理とは


遺品整理とは故人が残された品物を、残しておくものと処分するものに分けて整理することを指します。
遺品は故人が大切にしていたものや思い出の品など、捨てにくいものが多いかもしれません。
しかし、全てを残しておくと場所も取りますし、いつまでも気持ちの整理がつかないこともあります。
本当に大切なものだけ残しておいて、その他の遺品については処分しても決して悪いことはないでしょう。

遺品整理を遺品整理業者に依頼する場合、まず残しておくものと処分するもので分けます。
この作業はできる限り親族の方が同伴してください。
どうしても同伴することがむずかしい場合は、実際に処分する前にかならず残すものと処分するものの詳細を業者に伝えておいてください。
故人のよく身に着けていた物、人形、手作りの品などは処分しにくいと感じる人が多いものです。
こういったものは、寺や神社で供養してもらうことができます。
遺品整理業者に依頼をすれば、代行して神社でちゃんと炊き上げを行ってもらえます。
他人の遺品と合わせて供養する合同供養になることが多いようですが、心置きなく処分することができるでしょう。
仏壇仏具、神棚などの供養についても、遺品整理業者が供養の代行を行います。
遺品をしっかり供養してから処分したいと考えている方は遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

不用品回収業者とは


不用品回収業者は、主に一般の不用品やゴミの回収、処分を行う業者です。
不用品回収業者に遺品整理を依頼することも可能です。
まずは、遺品整理業者と同じく残しておくものと処分するものに分別しましょう。
こちらもできる限り親族の方が同伴することをおすすめします。処分するものに関しては業者がまとめて回収します。
回収した不用品は、通常の粗大ごみなどと同じように処分されます。
供養などは一切行われません。。
かといって供養は必ずやらなければいけないものではありません。
遺品に供養は不要と考える方もいるでしょう。
その場合は、一般の不用品として処分して良いでしょう供養がない分、一般的に遺品整理業者よりも費用が安く住むことがメリットです。
供養はしたいけど、できる限り費用を安く抑えたい場合も不用品回収業者はおすすめです。
遺品の分別を自分で行い、供養の必要のない遺品は不用品回収業者に依頼市、供養の必要のないものは自分で寺社で供養に持ち込めば費用を抑えることもできます。

ご希望にあった業者を選びましょう!

遺品整理の際は、信頼のできる業者を選ぶようにし、
供養や整理の仕方、料金のことを事前に詳しく説明してくれる業者を選びましょう。
また不用品回収業者の中にも供養を行う遺品整理を行っている業者もありますので、
ご自身にあった業者を選びましょう。

千葉県で遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷清掃をお探しならエコ福へ!

2020年11月02日 23:42

エコ福

年中無休
受付8:00〜20:00


[ご依頼・お問い合わせ]
TEL 0120-265-142


〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-7-9 富士見ビル609号

会社概要はこちら

サブメニュー

モバイルサイト

エコ福スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

取り扱いカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DinersClub
  • DISCOVER

LINEからのお問い合わせ

エコループ合同会社 LINE QRコード

お友達登録をしてお気軽にご連絡ください。
スマートフォンでQRコード読み取り、またはスマートフォンでアクセスしてこちらのバナーをタップしてください。